NEWS

November 2020

WITec が Wiley Analytical Science Award 2021 を受賞

ParticleScout recognized by readers as an outstanding innovation

Ulm, Germany
November 24th, 2020

WITec GmbH, innovator of Raman and correlative imaging microscopes, has received a Wiley Analytical Science Award 2021 for its ParticleScout automated particle analysis tool. ParticleScout won 2nd Place in the category: Spectroscopy and Microscopy.

This award celebrates outstanding innovation in equipment used for scientific analysis. A neutral jury of experts at Wiley created a shortlist from the full range of submissions, and then the readers of the print and digital editions of Wiley Analytical Science’s portfolio of journals voted for their favorites. The winners were announced during the Wiley Analytical Science Conference 2020.

“We’re very honored that ParticleScout has been recognized with this award, especially as it was chosen directly by Wiley’s readers,” said Harald Fischer, Marketing Director at WITec. “Being selected as a finalist and then supported by so many individuals I think reflects the strength of our technology, and also a wider awareness that precisely measuring microparticles and microplastics in our environment is an important and timely capability.”

ParticleScout is an advanced particle analysis tool that uses white light and Raman microscopy, a fast, label-free and non-destructive chemical characterization method, to find, classify, identify and quantify microparticles. It streamlines the entire microparticle analysis workflow, increasing the rate at which measurements can be performed and the number of particles that can be evaluated.

ParticleScout’s features include the ability to detect particles less than 1 µm in size, a variety of user-definable Boolean filters for particle categorization, and full integration with a Raman spectral database management software for sample component identification.

WITec ParticleScout product page:
https://www.witec.de/particlescout/

もっと見る...

November 2020

本社ビル増築工事の進捗状況

ドローン空撮工事の進捗状況の動画を作成しました。工事は着実に進んでおり、本社中核施設の規模を2倍にする増築部分がはっきりと見えてきました。事業急成長に伴う、生産・開発・出荷・製品のデモンストレーション等の用途に向けた新しい空間を私たちは楽しみにしています。

 

本社増築工事進捗状況の動画 (YouTube):
https://youtu.be/tkVYFiGQoyY   下記ビデオを御覧ください。

プレスリリース (英文):
https://www.witec.de/jp/resources-and-education/news/post/2020/06/291

 

2020年11月-本社ビル増築工事

もっと見る...

October 2020

Virtual Raman Imaging Poster Summit 2020 Successfully Concludes

Online event showcased the latest research and drew international participation

WITec GmbH, the driver of innovation in Raman and correlative microscopy, has completed hosting its first entirely online scientific conference.

The Virtual Raman Imaging Poster Summit 2020 was organized as a substitute for the renowned Confocal Raman Imaging Symposium. WITec wanted to provide a forum for the presentation and discussion of the exciting chemical characterization research that continues to advance while the scientific community is distributed. It was a response to the uncertainty and travel restrictions imposed by the ongoing pandemic, and it was a resounding success.

Over 250 people took part and 55 scientific posters were submitted in four different categories. The range of applications included the analysis of active ingredient and excipient distribution in pharmaceutical tablets, characterization of battery materials, detection of microplastic particles, cancer diagnosis, chemical analyses of organoids and polymer fibers in 3D, bacterial signaling investigation, analysis of microinclusions in arctic ice, extremely high-pressure Raman measurements, strain analyses in semiconductors, and many more.

“We were cautiously optimistic that the community would embrace the online conference format to share their recent work, and then the reaction far exceeded our expectations,” described WITec Marketing Director Harald Fischer. “The diversity, both scientifically and geographically, of the posters submitted really reflected the widespread adoption of Raman imaging.”

Discussions were carried out on the platform’s chat function and participants cast their votes for the Best Poster Award, which was won by Dr. Nathalie Jung (Goethe University, Frankfurt am Main, Germany) for her presentation titled, “Chemically-selective visualisation of organoids and their interaction with hydrogel matrices.”

The Virtual Raman Imaging Poster Summit and the thoroughly international engagement it produced has encouraged WITec to continue developing online event formats while the company looks forward to bringing the Raman imaging community back together in person. The Confocal Raman Imaging Symposium will return for its 17th occasion from September 27th through the 29th, 2021 in Ulm, Germany.

Virtual Raman Imaging Poster Summit 2020 review page:
www.raman-symposium.com/previous-symposia/review-2020

Confocal Raman Imaging Symposium home page:
www.raman-symposium.com

Dr. Nathalie Jung – Goethe University, Frankfurt am Main, Germany – Winner of the Best Poster Award (© Nathalie Jung)

もっと見る...

August 2020

バーチャル ラマンイメージング ポスターサミット2020開催のお知らせ

Online conference offers the Raman community a forum for scientific exchange 

Ulm, Germany
August 11th, 2020

ラマン分光技術の業界リーダーWITec GmbHは、2020年9月28日から10月2日まで、初めてバーチャル ラマンイメージング ポスター サミットを開催します。このオンラインカンファレンスでは、世界中のラマンコミュニティーの皆様が、自宅オフィスやラボなどご都合のよい場所から、日頃の研究を発表し、皆様の情報交換と交流の場をご提供します。セッションのトピックには、ライフサイエンス、バイオ医学および製薬研究、先端材料分析、環境および地球科学、相関イメージングアプリケーションが含まれています。

 

もっと見る...

July 2020

TMDの相関的な高分解能イメージング – ラマン、SHG、PLによるMoS2薄片のイメージング

遷移金属ダイカルコゲナイド(TMD) に代表される2次元材料は、その独特な光学的および電子的特性により、ますます注目されています。それらの用途として、トランジスタ、光検出器、発光ダイオード(LED)、および太陽電池などの製造が考えられます。高品質のデバイスを製造するには、合成プロセスを効率的に評価する必要があります。このため、結晶特性や結晶粒界、層数、欠陥密度、ドーピング、ひずみ場などの特徴を非破壊で観察できるイメージング技術が必要となります。

この新しいアプリケーションノートでは、TMDの調査で利点が確認できるラマン、2次高調波(SHG) 、フォトルミネッセンス (PL) の複合測定での、CVD成長をさせた単層二硫化モリブデン(MoS2)の観察例を紹介します。すべての測定は、ラマンおよびPLイメージング用の532 nmレーザーとSHG励起用のピコ秒パルスレーザー1064 nmの両方を装備したWITec alpha300顕微鏡を用いて同視野の観察を行いました。 

結晶のひずみ場がラマンおよびPLによって可視化され、E2gラマンピークのピークシフト(左上の画像)とPLのピークシフト(左下の画像)の両方が同じ部分で長波長側へシフトしていました。 MoS2薄片の境界の周りのリム効果は、PL像(左下の画像)とA1gラマン像で明瞭に観察されました。(添付のアプリケーションノートを参照してください)

SHG 顕微鏡は、MoS2薄片の結晶方位と対称性に敏感であり、結晶粒界が可視化されます(右上の画像)。さらに偏光依存のSHG観察により、結晶方位を特定し、ひずみ場を画像化することができます。ここでは、励起光の偏光方向を回転させて、励起光と同じ偏光を持つSHG信号成分の強度測定を行いました。一連の偏光を自動化して、 MoS2薄片の3カ所で記録されました(右下の図)。測定された明確なポーラチャートは、異なるひずみのレベルを示しています。

ラマン、PL、およびSHGの相関イメージングは​​、試料に損傷を与えることなく、結晶粒界やひずみ場などの結晶構造の特徴をイメージングすることができ、単層のTMD結晶に対してより詳細で確実な情報を得ることができます。

画像とのリファレンスを含めた詳細については、download our 2-page application note on correlative high-resolution imaging of MoS2をダウンロードして下さい。

                                   






 

 

MoS2単層薄片のラマン、PL、SHGの複合イメージング。其々200nm/画素の分解能で観察。より詳しい内容については、添付のアプリケーションノートをダウンロードしてください。

もっと見る...

July 2020

高分解能共焦点ラマンイメージングによるグラフェンの微細構造の観察

ラマンイメージングは​​、2D材料のひずみ、ドーピング、欠陥といった品質評価のための非破壊的手法であり、層数の判断も可能です。これらの2つの広領域ラマン像は、CVD成長させたグラフェン薄片の欠陥密度(上)と、ひずみ領域(下)を高い空間分解能(100nm/画素)で可視化します。これらは、532 nm励起レーザーとフォーカストラッキング機能TrueSurfaceを備えた完全自動化ラマン顕微鏡alpha300 apyronにより取得されました。

上のラマン像は、取得したラマンスペクトルのDバンド強度により色分けされています。Dバンド強度は、炭素格子の欠陥密度に依存するため、結晶の欠陥を可視化しています。観察された微細構造の幅は、532 nmのレーザー励起で達成可能な回折限界の横方向分解能とほぼ同じであり、本ラマン顕微鏡が高性能であることを示しています。

下のラマン像は、擬フォークト関数で算定された2Dバンドのピークシフトに応じて色分けされています。2Dバンドのピークのシフトは局所的なひずみにより、また確率は低いですが、ドーピングによっても影響を受けるため、このラマン像は、局所的なひずみ/ドーピングによる効果を可視化しています。

これらの例は、革新的高感度なシステムにより、ラマンイメージングだけでグラフェンの結晶特性の細部観察が可能であることを示しています。

 

CVD成長させたグラフェンの高分解能ラマン像(100 nm/画素)。上:Dバンドのピーク強度のラマン像。結晶欠陥を可視化しています。下:2Dバンドのピークシフトのラマン像。局所的なひずみ/ドーピングによる効果を可視化しています。

もっと見る...

July 2020

ParticleScoutは、Wiley社のAnalytical Science Award 2021の候補に選出されました。

私たちは、ParticleScout(自動粒子分析ツール)が、Wiley Analytical Science Award2021のファイナリストに選ばれたことを喜ばしく思います。

厳正かつ公正な審査により、「Spectroscopy & Microscopy」部門で、ParticleScoutを含む6つ製品がノミネートされました。
読者の皆様は、http://www.was-award.com/のページより、お気に入りの製品に投票できます。

投票は7月1日から9月30日まで可能です。

ラマン分光法を用いて環境中のマイクロプラスチック微粒子の化学的同定に、革新的なツールであるParticleScoutのサポートをよろしくお願いします。

ParticleScout の詳細は、https://www.witec.de/jp/products/accessories/particlescout/よりご覧いただけます。

 


もっと見る...

July 2020

インドの研究者グループ、RNAウイルス検出にWITecラマン顕微鏡を使用

A paper just published in the Journal of Biophotonics describes how Raman spectoscopy can enable the detection of RNA viruses in human saliva. Dr. Amit Dutt's group at the Tata Memorial Centre, based in Mumbai, obtained raw data with a WITec Raman microscope and carried out statistical analysis to find a set of 65 Raman spectral features that positively identified the presence or absence of viruses in a sample.

The analysis could be performed in less than a minute without adding a reagent to increase the signal. Their signal set was able to achieve 92.5% sensitivity and 88.8% specificity.  

“This conceptual framework to detect RNA viruses in saliva could form the basis for field application of Raman Spectroscopy in managing viral outbreaks, such as the ongoing COVID-19 pandemic,” said the researchers.

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1002/jbio.202000189

Scientists in the research group of Dr. Amit Dutt, who used Raman microscopy to detect RNA viruses in human saliva samples.

もっと見る...

June 2020

本社ビルの増築工事着工

Increased capacity required to meet growing demand for Raman imaging microscopes

Ulm, Germany  
June 10th, 2020

WITec GmbH, the technology leader in correlative Raman microscopy, is expanding its headquarters building in Ulm.

The new addition will offer more space for production and quality assurance, laboratories for development and customer demonstrations or sample measurements, larger conference rooms and greater logistical capability. When complete, the new addition will double the amount of space available at WITec’s core location. 

“It was time to expand,” says Joachim Koenen, Co-founder and Managing Director of WITec. “We made advanced Raman imaging much more accessible by simplifying operation through our user-interface and extensive automation. The scientific community and marketplace have reacted very positively to these developments. As more researchers put our instruments in their labs, the word got out, and now we need the increased production capacity.”

WITec’s current headquarters was completed in 2009. Its design reflects the modularity and versatility of the scientific instruments produced within. An open and light-filled interior provides an environment for employees that is conducive to the exchange of ideas. Research and development, sales, applications, production, marketing, administration, technical service and logistics teams all work together hand-in-hand. This greatly contributes to WITec’s vaunted technological agility and preserves its innovative spirit.

As described by Olaf Hollricher, Co-founder and Managing Director of R&D at WITec, “Our headquarters was purpose-built to encourage cross-departmental interaction, from development through shipping, and it’s had a very positive effect on the dynamics and performance of our company. The new expansion will allow us to scale up while adhering to this concept.”

Construction of the new addition will continue through 2020 with an anticipated opening toward the end of 2021.

WITec GmbH’s headquarters building in Ulm, Germany. The highlighted structure shows the addition currently under construction.

もっと見る...

June 2020

ホームページに新しいウェビナーポータルを開設

オンデマンドウェビナーでは、アプリケーションエンジニアによるオンラインデモとチュートリアルを、いつでも・どこからでも視聴することが出来、最新のラマンイメージングテクノロジーとソリューションを得ることができます。

ライブウェビナーでは、ライブ配信によるオンラインセミナーを開催しています。ライブ中にライブチャット機能を利用して、その場で質疑応答も可能なため、疑問点をすぐに解決できます。  前々から聞きたかったこと、セミナーを受けたからこそ出てくる疑問はチャットでお気軽にご質問ください。

 

2020年6月・7月中のプログラム

プログラム
A
:ライフサイエンス・製薬・ヘルスケアへの応用編
ラマンイメージングについてご紹介後、ライフサイエンス・製薬研究およびヘルスケアにおけるラマン顕微鏡の有用性を示す一連の測定例を紹介します。

B
:高分子・繊維・有機材料への応用編
ラマンイメージングについてご紹介後、高分子・繊維および有機材料におけるラマン顕微鏡の有用性を示す一連の測定例を紹介します。

【参加方法】:下記日程をクリックし、ウェビナー申込ページよりお申込みください。
[A-1]2020623日(火)10:3011:30

[A-2]20207 1日(水)10:3011:30
[B-1]2020625日(木)10:3011:30
[B-2]20207 3日(金)10:3011:30
参加費:無料

 

 

もっと見る...